鋼と創造

熟練工の技
SAW 溶接の名工
溶断の名工
仕上げの名工
歪取りの名工
組立の名工
半自動溶接の名工
こだわりの技術開発
第1回
第2回
鋼を科学していくと
第1回
第2回
第3回
第4回
トップページ > 鋼と創造 > 熟練工の技
鋼と創造 BHの製作は、鋼そのものを知ることから始まる。
鋼と語り、鋼と折り合いをつけ、人の力を鋼の力に替えていく。
その品質を支えるのは、最新の設備と人の技である。

仕上げ工程はチームで取り組み、いかに早く確かな製品ができるかで勝負。「仕上げの名工」:妹尾 豪
クレームなしで出荷するための最終工程

BH鋼の仕上げは、後のない最終工程ですから「お客様からクレームがこないようにすること」、これが大命題です。仕上げというのは、グラインダーで削ったり、溶接で補修したりと、いくつもの作業をこなしますから、チームでやらざるを得ません。しかも、いかに正確に早く作業するかが一番求められてもいます。
ここの技能工は、何でも出来る昔の鍛冶屋に近い存在でしょう。ここではすべてについて、ひと通りやれることが条件になります。だから私のような10年、15年といった熟練工がここの工程を任されることが多いのです。



溶接の不都合を解消し要望にも応える熟練技

桂スチールのスタンダードな仕上げ方はあるんですが、これにプラスしてお客様からの特別な要望もよくあります。たとえば、「角まわし溶接でスカラップ10R仕上げ」というように。溶接の不都合には、ピット、オーバーラップ、アンダーカット、ビード不揃い、ビード継ぎなど20種以上あって、まずそれに対応しなければなりません。
加えて荷重応力を逃す10R仕上げなどは、開先機で削った後にグラインダーを使って手でアールを作るしかないので一番手間がかかります。10Rの角を出すのが難しいし、さらに角まわし溶接を完璧にこなすには豊富な経験と力量が必要です。



溶接のオールラウンドとして厳しく教える

前工程の不都合を全部引き受けて直すわけですから、仕上げ工程では才能の他に忍耐力も必要です。でもチーム全員が、ここで優れた技能工になってほしい。それが私の一番の望みであり、また課題でもあります。
もちろん、しっかり技術を覚えてもらうには、叱って厳しく教えます。耐えられなかった新人もいますが、仕上げ工程が務まれば、何でもできるようになります。その気持ちで取り組んでいれば、必ず上達すると思いますよ。
未経験者は、ある程度までは育てられますが、それから先が難しい。努力家でカンのいい人は上達が早いですが、そんな人はほとんどいませんからね。



このページのトップへ